投資家も注目するブックメーカーの競馬

競走馬

ブックメーカーはあらゆるスポーツに賭けることができますが、競馬にも同様に賭けることが可能です。
競馬は投資家も注目するほどに戦略が立てやすいものですが、日本のJRAと比較すると控除率が少ないことで有利とされます。
そしてブックメーカーの場合には、業者によって提示されるオッズが異なることから、オッズを比較することで有利なポジションを作ることができます。
例えば過去のデータを分析して、オッズによる期待値を計算して賭け金を設定することで、高い勝率で資金を増やすことが可能です。
またレースが始まってからも賭けを受け付けているので、オッズが有利に変動したらすぐに賭ける事ができます。臨場感のある競馬を楽しめることもポイントです。
ブックメーカーなら競馬を自宅でじっくりと取り組むことができるので、データを分析しながら戦略を練ることが可能です。
競馬ファンはブックメーカーの優位性に気づくべきですし、日本競馬の異常な控除率で勝負することはやめましょう。

競馬のシンプルな戦略

1. ブックメーカー複数業者のオッズを比較する
2.一番オッズの高い業者とJRAのオッズを比較する
3.オッズの高い業者かJRAで、オッズの高い方へ賭ける

以上の3点の手順で、収益は大きく改善されることでしょう
海外レースだけではなく、日本の主要レースもブックメーカーにオッズがあるので、日本のG1・G2は必ずオッズの比較するようにしましょう。

蹄鉄

ブックメーカーは攻略法よりも控除率

競走馬

競馬に限らず、賭け事をする時に攻略法を調べたりする方がいます。
攻略法や必勝法を調べることが間違っているわけではありませんが、優先すべき方法ではありません。
1番に優先すべきは胴元の控除率を調べることです。
控除率を比較した後、賭けたいレースのオッズを調べて下さい。
控除率とはギャンブルの胴元がとる利益です。胴元の利益が大きければ大きいほど、賭ける人にとっては不利になります。
日本の競馬の控除率は約25%で、ブックメーカーの控除率は5~8%です。ブックメーカーの平均が7%だとしても、日本の競馬はブックメーカーの3倍以上の控除率です。この数字の差はとても大きいです。どんなに予想の的中率が高くても、相当厳しい数字です。
ブックメーカーも運営会社により控除率が違うので、調べてから登録をしてください。
もしも「控除率の差がたったの3倍」「予想が当たれば大丈夫」」などと考えている人は、競馬のセンスがないので賭けない方がいいでしょう。