ブックメーカーのオーバー投資とアンダー投資どちらがおすすめ?

吊るされたお金

ブックメーカーではオーバー投資(OVER)とアンダー投資(UNDER)のどちらの方が勝率は高いのかという議論が活発です!初心者の人はそもそも「オーバー」「アンダー」とは何かというところからわからないと思うので、そこから解説をします。

オーバー投資というのは、簡単に言うと「何点以上入るか」に賭けるということです。
具体例で説明をしたほうがわかりやすいでしょう。サッカーの試合で「オーバー3.5点」だったら、その試合で3.5点以上が入ったら勝ちということです。5点が入っても、10点が入っても勝ちです。逆に「アンダー2.5点」だったら、2.5点以下だったら勝ちということです。

なぜ3.5点というようにきりの悪い数字になっているのかというと、トラブルを避けるためであると予想されます。 例えば、「オーバー3点」だったら、勘違いをして3点にかけてしまう人がでてきそうです。「3点入る」と予想していたら、オーバーのほうにかけるべきではありません。なぜなら、「オーバー3点」というのは一般的に3点を超えているという意味だからです。

球技で競う

3点以上なのか、それとも3点超なのかあいまいであり、誤解をしてしまう人も出てきそうですから、3.5点といったようにきりの悪い数字にしているものだと予想されます。

ブックメーカーではオーバーとアンダー、一体どちらの投資法が優れているのかというと、勝率はどちらもそれほど変わらないです。オーバー投資のほうでは得点が入ったらその時点で勝ちが決まるので、精神面で負担がかかりにくいというメリットがあります。

どちらのほうが優れているのかというよりも、状況に応じて使い分けるということが大切です。サッカーの試合では点が入りにくいですが、5点も6点も入るような試合もあります。リスクもあるということを理解してかけましょう。

お金の波